母子家庭の看護師の転職って?

今、日本でも離婚が当たり前となっていますので、母子家庭、父子家庭という人達も大勢いるでしょう。
当然ながら、自分がいない時に子供達の面倒を見てくれる配偶者がいない訳ですから、深夜の業務があるような病院で働くことは非常に難しいと言えます。
ただし、育児支援を行ってくれている病院などでは、子供が有る程度の年齢に成長するまでは夜勤を免除してくれたり、病院の中や敷地内に託児所が設置されている場合もありますから、配偶者がいない家庭であっても転職する必要はないかもしれません。
しかしそうではない医療機関の場合、昼間の仕事だけが出来ないようであれば、しかも昼間の仕事だけであっても残業が多いような病院であれば、そのような状況がない医療機関へ転職しないと難しいかもしれません。