ローン審査前には相談窓口で条件確認を!

アパートローンとは、アパート経営を始めるに当たり、アパートの購入や建設のための融資を必要とする人が使うローンです。
自己資金7割、融資金額3割が、アパートを購入する際は目安となるようです。
フルローンといって、全額アパートローンを利用する形でアパート経営をする人も最近はいるそうです。
これは、一歩間違えると困ったことになります。
フルローンというとアパート経営が、手持ちのお金がなくてもできると思っている人もいるかもしれません。
不動産所得税や仲介手数料などいろいろな経費が発生しますので気をつけましょう。
2種類のローンがアパートローンにはあるようで、リコースローンとノンリコースローンがこれにあたります。
借りる人の収入や資産、担保や保証人を審査し、融資を決定するリコースローンは、私たちのよく知る普通のローンと同じです。
ノンリコースローンは審査を行う場合、融資の対象となる物件の市場価値や収益見込みに注目して行います。
高い金利を支払うことになるというのがデメリットです。
ノンリコースローンでは返済が困難な状態になった時は、融資対象物件を手放すだけで借入金の精算ができるという利点があります。
いろいろとアパートローンの貸し付け条件は各金融機関によって違いますので、相談を窓口でして条件を確認するのがおすすめです。